Menu


Microsoft Most Valuable Person

動的言語を使う (JavaScript)

bubblemark
JavaScriptでBubblemark (要 Silverlight 2.0プラグイン)

ソースコード

bubblemark.zip (6.6KB)

アプリケーションの説明

Bubblemark animation testの移植。

球がぶつかり合う。Startボタンで開始、Stopボタンで停止。球の数と大きさは変更可能。

ソースコードの説明

JavaScriptからCLRのオブジェクトを使うときはImport文を書く。

Import("System.Windows.Application");
Import("System.Windows.Controls.UserControl");
Import("System.Windows.Controls.Canvas");
Import("System.Windows.Media.ScaleTransform");

UserControlを使うときは次のような書き方でXAMLを適用できる。

var uc = new UserControl();
Application.Current.LoadComponent(uc, "MyUserControl.xaml");

アプリケーションを起動するときはLoadRootVisualメソッドを使う。

Application.Current.LoadRootVisual(new UserControl(), "App.xaml");

他ファイルのコードを実行するときはLoadModule関数を使う。

// classes.jsを読み込む
var classes = LoadModule("classes");

イベントハンドラを追加するときはC#と同じように += 演算子を使うことができる。

// rootにはアプリケーションのルートオブジェクトが入っている
var button1 = root.FindName("Button1");
button1.Click += function(s, e) {
  // イベントハンドラ
};

デプロイする場合はXAPファイルにまとめる必要があるが、Silverlight Dynamic Language SDKに含まれるchiron.exeを使うのが簡単でよい。


Silverlight インデックスへ戻る


Last Update: 2012-12-30 18:37:47