Menu


Microsoft Most Valuable Person

31日間ReSharper一周

Joe White's Blogに"The 31 Days of ReSharper"という記事群がポストされていて面白かったので翻訳してみた。

ReSharperとは、JetBrains社(IntelliJ IDEAというJavaの開発環境を販売している会社)がリリースしたVisual Studioアドインで、基本的にC#用の開発環境。

なお、元記事は2007年に書かれたもので、その時点ではReSharperのバージョンは2.5系であることに注意。

(2013/7/11追記)ReSharperのバージョン8から、C++がサポートされるようになる。(なので、「ReSharperはC++には対して役立たない」はもう正しくなくなる。)詳細はJetBrains社のブログで確認してほしい。

31日間ReSharper一周

ReSharperは、(VS 2005が含むより多くの)リファクタリング、コードクリーンアップ、それに他にもたくさんの便利な機能を追加するVisual Studioアドインだ。僕は2年ほど前にそれをダウンロードし、僕らが取り組んでいたプロジェクトを開いてみたが、クラッシュしてしまった。しかしそれ以来、多くのことが変わった。

2、3か月前、僕らは再び試してみた。その時に見たものは好ましかった。僕らは、部門全員にそれを買ってやった。僕らの中にはDelphiで開発したいやつなんかもう誰もいない。(ReSharperがないからというのは理由の1つでしかないことは認める。でもそれがでかい。Delphi じゃ名前変更のリファクタリングですらできない。頼むよホント。)

JetBrains(ReSharperを作っている人たち)のWebサイトには多くの情報があり、ReSharperの機能のいくつかを紹介している。しかし僕には、いろんなことを一度に詰め込みすぎに思える。しかも、現実に満足している顧客の視点を使っていたのかもしれない。つまり長い完全な機能リストは出さずに、「私が本当に気に入っている機能はこれこれです。」とか言うわけだ。だから僕はブログの2月分を「31日間ReSharper一周」のためにとっておいた。

はいはい、2月には28日しかないよ。でもそのくらいReSharperはすごいんだ。

Visual Studioでの僕らの作業はすべてC#だ(ちょっとだけC++もあるけど、ReSharperはC++には対して役立たないからね)。だから、サンプルは全部C#関連がベースになる。ReSharperにはVB.NET用のリファクタリングもいくつかあるけど、僕はその範囲を知らないんだ。

これが今のところの記事リスト。


Last Update: 2013-07-11 10:17:29