Menu


Microsoft Most Valuable Person

グラフの自動レイアウトに挑戦

きっかけ

Nintendo DSのパズルゲーム「レイトン教授と最後の時間旅行」で出題された問題に、複雑に絡まったトンネルが出てくる。

トンネルの図

これを解くときに、道が絡まったままだと頭がこんがらがるので、交点に番号を振り、

トンネルの図に番号を振る

位置を入れ替えて見やすくした。

グラフ構造

これをコンピュータにやらせたら面白いのでは?というのがこの連載記事のきっかけだ。

目次

#1 ばねモデル
Eadesのばねモデルをオイラー法を使って実装するところまで。まずはコンソールアプリケーションとして。
#2 Windows Formでアニメーション
Windowsアプリケーションに変更し、モデルを動かしてみる。ドラッグもできるようにする。
#3 MVC (予定)
#2で作ったWindowsアプリケーションの設計をMVCに変更する。

.NET インデックスへ戻る


Last Update: 2012-07-17 19:41:41