Menu


Microsoft Most Valuable Person

FAIC モナド、パート13

原文

私が前回取り上げなかったことを、Microsoft時代のかつての同僚で、並列処理の巨匠である Stephen Toubが一晩でやってくれました: Maybeモナドとシーケンスモナドで私がやったのと同じ手法でTaskコモナドを取り扱った。見事なブログ記事をぜひご覧あれ!

やれやれ、今度こそ本当の本当に、これでモナドの連載は終了だ。次回のFAIC: C# コンパイラの /langversion スイッチが何のためにあるか考えたことはある?私もないけど。とにかく次回を読めば分かるようになるはず。


インデックスへ戻る


Last Update: 2013-04-04 20:01:18