Menu


2 ASP.NET 5 Sampleを動かす

前提

この記事は2015/1/7に書きました。
執筆当時のASP.NET 5のバージョンはv1.0.0-beta1です。
執筆当時のMonoのバージョンは3.10.0、libuvのバージョンは1.1.0です。

OSはLinux Mint 17.1 Rebecca MATE (x64)という、Ubuntu 14.04 Trusty Tahrの派生版を使いました。

(2015/1/17追記) ASP.NET 5のバージョンはv1.0.0-beta2になりました。README.mdはまだ古いままですが、いずれ更新されるでしょう。

ASP.NET サンプルアプリケーションのソースコード取得と依存ライブラリ復元

GitHubのaspnet/Homeリポジトリを取得します。

$ git clone git://github.com/aspnet/Home.git

サンプルプロジェクトを3つ含んでいますが、今回は HelloWeb プロジェクトにしましょう。
samples/HelloWeb ディレクトリに移動して kpm restore コマンドを実行します。すると、project.json ファイルに記述された依存ライブラリが自動的にダウンロードされます。

$ cd samples/HelloWeb
$ kpm restore

ASP.NET サンプルアプリケーションのビルドと起動

ダウンロードが成功したら(失敗する場合は証明書がインストールされていない可能性があるので、前の記事の最後の説明を参照してください)、 k kestrel コマンドを実行することで、 project.json の記載に従ってアプリケーションがビルドされ、Kestrel Webサーバーが起動します。

$ k kestrel

動作を確認する際は、ブラウザなどで http://localhost:5004 にアクセスしてみてください。

動作確認スクリーンショット


インデックスへ戻る


Last Update: 2015-01-17 21:31:53